住宅ローンを持たないという選択肢もある

多くの人が家族を持ち子供を授かったら、夢の新築一戸建てを考える。

自分の家を持ち家族といっしょに生活ができることはとても幸せなこと。それはわかる。でもそれが自分にとって、愛する家族にとって一番幸せな選択ですか?

世の中の「普通の生活」「一般的な幸せ」というイメージが強い新築一戸建てという選択肢。でも僕は4人目の子供ができた時、本当にそれがベストな選択なのかと疑問に思ってしまった。資産形成の上で豊かかどうかでいうと、多額の住宅ローンを組むことは数字で見ると決して正しい判断では無いのでは??

例えば、住宅ローン4000万円を35年返済で借りた場合を考えてみる。

まずこの4000万円は投資なのか、浪費なのかを確認すべきだ。自分の幸せのために必要な浪費として認識していればいいと思う。個人の幸せは人それぞれ。価値観はその人によって違う。自分のお気に入りの新築に住むことが人生の目標だったり、家族の本当の幸せをイメージできる唯一のものであると確信できるなら、やっぱり買うべきだ。たとえローンを組んでも。まずは高級バッグやブランド服、高級車を購入するのと同じように、自分が本当に欲しい価値のあるものかを判断する。月々の支払い金額で考えるのではなく、4000万円という価値が感じられるかを自分に問いただしてみるのが良い。

世の多くの人は価値ではなく価格で判断してしまうことが多いのだと思う。

次に利息をどのくらい払うことになるのかを考える。4000万円を35年借り入れると約650万円を利息として払うことになる。合計4650万円を支払う価値があるのか。

さらに余分に支払った650万円で35年間資産運用をしたら、いくら資産が大きくなっていたかも考えることができる。650万円を5%で35年間運用できた理論計算上35,854,100円になる可能性がある。

子供にはいくらの資産を投資しますか?

僕は家より子供に投資する方を選ぼうかと考えている。

まず新築住宅の購入は、日本においては資産になり得ないと感じている。リセールバリューが低いのだ。リセールバリューとは売ったときの価格、価値のことである。

例えば、3000万円で購入した新築戸建ては、約30%が手数料としてかかっている為、リセールバリューは買った瞬間に2100万円になると考える必要がある。もちろん、子供を広い家でのびのび育てたいとか、子供に自分の部屋を与えてあげたいとか本当に叶えたい思いがあれば新築という選択肢もあると思う。

だが、利息の650万円や手数料の30%分の金額を、子供の経験ややりたい事に支払うほうが子供の幸せ、ひいては自分の幸せに繋がるのでは?と感じるのだ。家族でいっしょにできるスポーツ(我が家ではバスケ)スクールに通わせられる、パソコンを買ってあげて子供が自ら疑問を調べて解決できる能力をつけることができる、空手を習うことで不思議な自信をつけることができる、家族で旅行に行き見たことのない場所や景色を感じて子どもの人生に素晴らしいきっかけを与えてくれるかもしれない。

人生を豊かにするお金の使い方をしっかり考えていくべきだ。

子供を持つ親御さんは、やはり子供の幸せな姿、いっぱいの笑顔を見たときに一番の幸せを感じるのでは無いかと思う。僕には間違いなくそれが一番の豊かな時間だ。

もっと子どもの笑顔、家族の笑顔の時間に資産を使ってみるのはどうだろうか。

投稿者: しぃは

子供4人からの資産運用について、僕の経験をどんどん発信し、皆さん子持ち家庭の資産運用に役立てていただければと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中